バルセロナ生活日記       執筆者:maki-chin                編集長:ko-chin              


by dear_kajyumaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:旅行( 139 )

泊ったヴォーヌ・ロマネ村。Vosne-Romanée
b0131786_841060.jpg

ホテル裏に広がる葡萄畑、少し車を走らせ一目見たかったシャトーへ。
b0131786_7145456.jpg

ここはブルゴーニュワインで有名な『ロマネ・コンティ』の故郷です。1度は飲んでみたいワイン。。

こちらがドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティの門。
静かな小さな街の細い路地裏にありました。
b0131786_7141270.jpg

ここはロマネ・コンティの畑。1.8ヘクターールしかない畑で年間7000本のワインを丁寧に作っているそうです。
b0131786_7155180.jpg

b0131786_717288.jpg

ワインの神様はここから誕生するんですね~☆
b0131786_7162454.jpg


友貴も毎日パパ&ママと同じベッドで寝れてご機嫌です。
寝返りの練習を頑張ってます。『あっかんべー♪』
b0131786_7194429.jpg


ボーヌでランチをした後は次の目的地、スイスへ。
[PR]
by dear_kajyumaro | 2010-08-17 07:00 | 旅行
今日はランスからエぺルネEpernayまで車で30分、会社見学へ。
どこの会社でしょう?

正解はこちら。
b0131786_3053.jpg

b0131786_303842.jpg

そう、あの世界中で有名なシャンパン“モエ”の製造会社、モエ・エ・シャンドン(Moët & Chandon)本社へやってきました。予約すれば誰でも工場内見学ができます。

日本でも人気の“モエ”はもちろん、最高級シャンパン “ドン ペリニヨン”を有する会社です。『2秒に1本飲まれているんですよ』って、案内のお姉さんが自慢げに話されていました。すごい!! なので、『ぶどうは近隣農家から買い取りして、常に同じ味になるようにブレンドしている』。

本社の地下には数えきれないほどのモエとドンペリが眠っています。地下のセラーは『28キロ近くある』のだそう。
b0131786_3622.jpg

b0131786_362986.jpg

b0131786_372088.jpg

工場見学のラストは試飲です。
b0131786_382093.jpg

ヴィンテージモエ、ロゼのモエ、普通のモエ。
試飲は1種類のみ~3種類全部まで選べます。少し入場券が高いのですが、二人あわせて3種類全部をセレクト。ヴィンテージなんて、ボトルを買ってそうそう飲めないものね。
b0131786_313423.jpg

味の違いがわかるか心配でしたが・・・・全然違う!ヴィンテージ美味しすぎる~!ロゼももちろん美味しいです。もう普通のモエに戻れないかも。。。

シャンパーニュ地方のワイン畑。
b0131786_5362658.jpg

白葡萄が多いのかも。
b0131786_5365227.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2010-08-16 08:44 | 旅行
モンサンミッシェルの次はノルマンディ地方のオンフレールHonfleurに寄ってランチ。ドライブ中は雨でした。このあたり雨が多いのか、白い雲と霧に包まれた緑豊かな広い草原に羊、牛、馬がいたり、ノルマンディ地方の石造りの家々も、とても綺麗な所です。
b0131786_316227.jpg

Restaurant Sa.Qua.Na 美味しかったです。

午後は雨の中をずっとドライブして本日の宿泊地、ランスの街へ。
ここには世界遺産である、ランス・ノートルダム大聖堂があります。
ノートルダム大聖堂ってフランスの至る所にありますね。

正面
b0131786_3164119.jpg

裏面
b0131786_317101.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2010-08-15 13:06 | 旅行
最も美しい聖地と呼ばれている、世界遺産“モンサンミッシェル修道院”です。
夜の姿も綺麗だったけれど、昼間は長い歴史を感じさせてくれる建物をじっくりと見ながら散歩できます。タイムスリップしたような空間でした。

島へ続く歩道から見たモンサンミッシェル。あいにくの曇り空です。
b0131786_7411386.jpg

島の入口から修道院まで続く坂道。
b0131786_320338.jpg

階段が多いので友君は抱っこ。パパ頑張って!
b0131786_3204476.jpg

修道院から見た風景。
b0131786_3213141.jpg

修道院内の教会。
b0131786_3222591.jpg

列柱廊。柱が美しい憩いと瞑想の場所。
b0131786_3231911.jpg

塔の先端には天使ミカエルの像があります。
b0131786_324135.jpg

歴史を感じる外壁。
b0131786_3245639.jpg


修道院は結構広く、島に入ってからコース通りに周っても1時間ちょっとかかりました。友貴の記憶に残ったかしら・・・・途中から熟睡モードだったね(苦笑)
[PR]
by dear_kajyumaro | 2010-08-15 06:52 | 旅行
港町カンカールで夕食を終えて、海岸へ行くとびっくり!!
なんか景色が違う。あー潮が満ちてる。

<夕食前>
b0131786_138320.jpg

<夕食後>
b0131786_1382033.jpg

モンサンミッシェルへ行かれる日本人は多いと思うんですが、ここには全くアジア人がいませんでした。車が無いと厳しいですが、モンサンミッシェルに行くなら絶対夕食かランチに立ち寄ってみてくださいね。魚介の新鮮さは今までで1番のような気がします。物価もとても安いんですよ。

そして今回の旅行の目玉の一つでもある"モンサンミッシェル"
b0131786_2174620.jpg

前日入りして、夜のライトアップとお昼の両方を楽しむのをオススメします。
[PR]
by dear_kajyumaro | 2010-08-14 23:11 | 旅行
ロワールを離れて、ブルターニュ地方へ。
さて、ここはどこでしょう??
b0131786_1365348.jpg

ここは"Cancaleカンカール"。ブルターニュの牡蠣は有名なのかな、写真は潮が引いていて、中央が牡蠣の養殖場です。そして、遠くに見える△の建物はあの有名な世界遺産、水の上の修道院"モンサンミッシェル"です!!ついにバルセロナからここまで来たー!パリも近い!

カンカール。
b0131786_1441065.jpg

とにかく、ここは新鮮魚介のパラダイス♪
b0131786_1445851.jpg

ブルターニュ産のオマール。ほんとに青いの。高級食材ですが、道端の露店で売っています。
b0131786_1451691.jpg

マリン雑貨屋さんも可愛い。全部欲しくなっちゃう。このトイレ表札ゲット☆
b0131786_14658100.jpg

レストランもたくさんあって迷いますが、美味しい所を選ばないとね。
このお役目はこうちん。メニューと料理を見ながら納得いくまで吟味します。
今日のお店はこちら↓ とってもオススメです。行く方は是非!
b0131786_1505595.jpg

これで1人前の魚介盛り合わせ。
生牡蠣は心配でしたが、2人とも美味しく頂きました♪ (無事です。バルセロナで2回あたっているこうちんも。)
b0131786_152513.jpg

言葉は通じませんが、赤ちゃんの笑顔は万国共通で人を笑顔にしますね。
終始相手をしてくれたフランス人マダム。
b0131786_156257.jpg

パパとママが食事中、店員さんが友貴を抱っこしててくれました。
抱っこしながらあっちこっち連れていって接客してくれてました(笑)すっかりお店の人気者。
b0131786_1562583.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2010-08-14 22:33 | 旅行
今日は午前中からロワール地方へ移動し、古城めぐりです。フランスの中西部のロワール地方は貴族たちが優雅なお城を築きあげた場所。10を超すお城があり、全部は見れないので気になった2つの古城を訪問したいと思います。

お城とはいえ形や大きさの規模が違うので、見るなら小さなお城からの方がオススメです。そうしないとがっかりしちゃうかも(笑)
16世紀に建てられた“シュノンソー城”
b0131786_274541.jpg
期待が大きかった分、意外な小ささと工事中でこうちんガッカリ。。。
昨日のシャトーホテルの方が大きかったような・・・・

アンリ2世の妻と愛人が張りあって作った庭園
b0131786_283832.jpg
b0131786_285734.jpg

アンリ2世の妻の寝室
b0131786_291940.jpg

ルイ14世のサロン
b0131786_293683.jpg

門からお城までの500メートルの並木道。
まきちん的にはこの道と庭園がよかったな♪
b0131786_215137.jpg

次に訪れたのは、完成までに100年以上かかった“シャンボール城”です!
b0131786_2155169.jpg

ロワール最大級のお城で、幅156メートル(ここは想像以上に大きかった)、440の部屋があります。シンメトリーが綺麗です。設計案を書いたのはあのレオナルド・ダ・ヴィンチと言われているんですよ。
b0131786_216766.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2010-08-14 10:01 | 旅行
山道を進み、門をくぐるとお城発見!今日の宿はこちらのシャトーホテルです。
フランスのボルドーには、こんな規模どころではないお城がたくさんありました。ワイン畑のオーナー宅でしょう。こんなお屋敷に住んでいる人が、実際あんなに多くいるなんて驚きました。
b0131786_0563814.jpg

敷地内をお散歩。緑に癒される~。
b0131786_057841.jpg

お城内にもお部屋はありますが、私達のお部屋というかお家はこちらです。1階はビリヤード台が置いてあるプレイルームで2階がお部屋でした。赤ちゃんの声も気にすることなく、ゆったりできてよかった。このような離れのお家が敷地内にいくつかありました。
b0131786_0572551.jpg

夕食はお城の地下レストランで頂きます。今日のワインはこちら↓
b0131786_0574220.jpg

友君の寝かしつけに成功し、ゆっくり食事ができました(^^)v
しか~し、デザート途中で起きてしまい、焼き菓子はお部屋へ運んでもらいました。
b0131786_058131.jpg

DOMAINE DE LA TORTINIÈRE
[PR]
by dear_kajyumaro | 2010-08-13 22:44 | 旅行
ボルドー市を出発し、車で1時間ほどの所にあるブドウ畑に囲まれた田舎町"SAINT-EMILION(サンテミリオン)"へ到着。今回の旅で2番目に私が気にいった街です。ここもボルドー地方であり、ワインの生産地。小さい街だけど、街自体が世界遺産で歩いているだけで幸せな気分になるパワースポットのような場所でした。

ワインの名産地"SAINT-EMILION"。
b0131786_0173170.jpg

街の中心、丘の上からの風景。
b0131786_0123157.jpg

美しい瓦の色。素朴でこうちんお気に入りの景色です。
b0131786_013069.jpg

b0131786_0131770.jpg

b0131786_0134398.jpg

ワイン屋さんはもちろん、小さなお店がたくさんあります。ここで、ワイン1本とテーブルクロスを買いました。たまたまお店のオーナーさんがスペイン生まれで友君を可愛がってくれました。どこのお店の人もパリと違って穏やかな雰囲気のフランス人ばかりで嬉しかった。メニューの看板も可愛いですね。
b0131786_014126.jpg

甘いにおいがぷ~ん。何のお店でしょうか?お店の絵でわかるかな?
b0131786_0183214.jpg

カヌレというラム酒とバニラを使ったフランスの焼き菓子です。実はこのカヌレ、ここボルドーが発祥の地なんですよ!!修道院で古くから作られていたお菓子だとか。
b0131786_01431100.jpg

外側はカリッと香ばしくて、中はしっとりともちっと柔らかい食感がたまらない。特に焼きたてはバニラの香りが食欲をそそり、2人で7つも食べてしまいました。
b0131786_017269.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2010-08-13 21:06 | 旅行
2日目、午前中はボルドーの街を歩きました。ガロンヌ河に沿って街が広がっていて、立派な建物が立ち並んでいます。ローマ時代から商業都市として栄えたので、ここから世界中に大量のボルドーワインが輸出されたようです。河沿いの散歩道は整備されていて、のんびりとした雰囲気が素敵でした。

ガロンヌ河沿いの風景
b0131786_2245066.jpg

b0131786_230278.jpg

ガロンヌ河
b0131786_232286.jpg

時間帯によって、遊歩道に水が湧き出る仕組みになっているんですよ。
水が出てくると、大人も子供も裸足になって水の上を歩いていました。
b0131786_231562.jpg

ボルドー市内中心、大劇場脇の遊歩道。
b0131786_2383359.jpg

大劇場内のレストラン"カフェ・ド・ロペラ"は椅子やナプキンがバラ模様で可愛いらい。前菜プレートのクスクスサラダ、こちらもサーモンがバラになってる!
b0131786_03596.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2010-08-13 09:33 | 旅行