バルセロナ生活日記       執筆者:maki-chin                編集長:ko-chin              


by dear_kajyumaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
サンセバスチャンに来ると多くの人が旧市街地のバルで満足してしまうかと思いますが、グルメな友人夫婦に教えてもらった隠れ家のようなバルへ行ってきました。今回、行きたかったバルは"ALONA BERRI" 。バルなんてほとんど一緒じゃないの~と思っていたけど、出てくる小料理を見て友人が行っていた「ここは格別!!」という言葉の意味がわかりました。

見た目は普通の小さなバルで、中に入ると気さくなおじさんが料理の説明をしてくれます。2人の大好物のウニが置いてあったので、まずはそれを注文しました。
b0131786_4464918.jpg


ウニのスープ
b0131786_4321657.jpg


ここでは、サンプルを見て注文すると温かいものを運んで来てくれます。待っている間、店内を見ていると"ベストタパス賞"などたくさんの賞をもらっているではありませんか。しかも、こんな記事発見!
b0131786_4325157.jpg

さっきの気さくなおじさまはArzak(前回訪問した三ツ星レストラン)のシェフだったようです。そりゃ、美味しいはず~。ウニ最高~その勢いにのって、気になるものを注文♪まるで星付レストランの前菜オンパレードでバルとは思えないですよね。

雑誌に掲載された名物タパス"ホタルイカ"
b0131786_4341668.jpg

気さくなおじさんが来て「右から順に食べてね」と一言034.gif
味が濃厚(すり身)→甘い(飴)→濃厚(ホタルイカ)→甘い(林檎酒)と並んでいて、ストーリーがあるタパスに感動☆

どれもこれも美味しく、見た目もお洒落。
b0131786_4351663.jpg

バルなので子連れでも気軽に入れます♪

こうして、今回2人最後のバスク・グルメ旅行は~終~。
b0131786_4382697.jpg

またいつか、今度は3人で来れるかな。
[PR]
by dear_kajyumaro | 2010-02-07 20:12 | ショートトリップ
翌日、ホテルから市内バスに乗ってサンセバスチャン市内を散策しました。残念だったのが、スペインは日曜日がお休み(店が閉店)の為、お買い物ができな~い。でもバルはほとんどお昼から開いていて、サンセバスチャン名物のピンチョス(バゲットの上にのせたおつまみ)やタパス(小皿料理)めぐりはできました。旧市街地にお昼に行くのは初めて。去年の様子はこちら→2009春

b0131786_350655.jpg

今日は市民によるパレードがあったようで家族連れがたくさんいました。
b0131786_3504424.jpg

伝統衣装を来た行列が細い路地裏をパレードしていました。みんな陽気で楽しそう。
b0131786_351236.jpg


旧市街地(海沿い)から少し離れた南部の地区に食材屋さんを発見!

b0131786_3555925.jpg

美食の街、バスクに来たからには何か買わないと~。


私はこの地域で良く食べられる"蜂蜜"と"胡桃の蜂蜜漬け"
こうちんは赤ワインを5本買程セレクトしてました069.gif


散歩に疲れたらバルに入り、ピンチョスをつまみます。勝手にお皿にとって食べて、最後に自己申告で食べた分のお金を払います。お店によって味も全然違うので、よーく見て選ばないと☆
b0131786_402498.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2010-02-07 16:35 | ショートトリップ
Mugaritz(ムガリツ)のお料理を紹介します♪
しばらくこういうお店には行けないと思うので、2人が驚かされた&最高に美味しいと思った料理(8皿コース)を載せますね。11皿まで挑戦したかったけど、日本人の胃ではなかなか厳しく、美味しく頂けるのはこれくらいかな~と思い無理は辞めました(^^;

机の上には"石ころと吊るされたフォーク"が飾られています。素朴でかわいい。
b0131786_715788.jpg

8皿のコースが始まる前に・・・『アミューズ』3品がでました。
*アミューズとは・・・amuse bouche(仏語)の略で
“楽しませる・口”="お食事前の小さなお楽しみ"となります


☆甘エビのフリット&石ころ
b0131786_719216.jpg

この石ころ何かわかりますか?!そのまま手で掴んで、ガーリッククリームにつけて頂く蒸し芋なんですよ。もう初めから??だらけです。その他、ホタテとウニのサラダ、アーティチョークとカニの前菜がでました。どれも優しい味。

☆カルパッチョ
b0131786_7265533.jpg

お肉のようにみえるのはパプリカ。上には砕いたチーズとカシューナッツがたくさんのっていて、食感とスイート+サワー+チーズの味が絶品でした。

☆バカラオ(タラ)ハニー
b0131786_7333271.jpg

スペイン料理のブニュエロス(タラとニンニクのすり身の揚物)の揚げる前のものに似たものに、フワフワにしたタラを被せた感じ。に蜂蜜ソース。口に入れるとほわっと溶け、タラの素材の味がそのまま味わえる一品。

☆舌平目&レッドミュレのソテー
お魚料理2品紹介します。
b0131786_855769.jpg
b0131786_861987.jpg

どちらも、見た目はシンプルですが、素材の味を生かした優しい味付けで、「魚ってこんなにおいしいの~」と思う程、美味しく調理されていました。ふわふわの身、蒸したのかな~。

☆BBQスモークフォアグラ
b0131786_759268.jpg

お肉とセットが定番なのに、なぜかフォアグラだけでもしつこくない。お店一押しの一皿のようで、自信を持って「最高の1品ですよ」とススメてくれました。今まで食べたことのない食感のフォアグラでした。特定の温度でスモークするんだとか。

☆カモ肉のトリュフのせ
b0131786_7593054.jpg

トリュフってここまで贅沢に食べたのは初!いい香り~ダックと相性バッチリ。

☆アーティストテーブル
b0131786_802038.jpg

2品出たデザートのうち、一番最後の一皿。最後は手を洗面器で洗うの??と2人で笑っちゃいました。泡立ったお皿に、石鹸型の砂糖菓子に似たようなビスケッツ、底には麦アイスと麦が敷かれていました。

この後、別のロッジに移動し、ハーブティーとへーゼルナッツチョコを頂きました。
話しているとやっぱり。日本の有名な料理界の方々と「CloseFriend」のようで、日本のテイストがよく感じられる優しい味という印象でした。美味しい料理と不思議な時間をありがとう♪
[PR]
by dear_kajyumaro | 2010-02-06 20:39 | ショートトリップ
バルセロナをお昼前に出て、のんびりドライブでサン・セバスチャンに到着しました。今夜は今回の旅のメインである"Mugaritz(ムガリツ)"で夕食を頂きたいと思います。

b0131786_3173099.jpg

“ムガリツ”の名前を聞いたことある人いるかな~?スペインに住んでいる方はご存知かも。『世界のベストレストラン50』で、昨年ベスト4に入ったお店です☆

「こんなところに世界ベスト4のレストランが?!」
と思うような暗い山道を登った先にお店があります。辺りは草原(羊の牧場?)なので、まっくらです。

b0131786_32428100.jpg

店内はロッジ風で優しいライトに包まれていて、ゆっくり食事ができる雰囲気。テーブルの間隔も広く、贅沢なプライベートの時間を味わえます。

b0131786_3174862.jpg

席に着くなり、「こちらに来てください」と厨房に呼ばれました。厨房に行くとたくさんのシェフの方が笑顔で出迎えてくれました。そして、シェフの代表の方に「ここにはメニューはありません。まずはコースで8皿出しますので、お腹が大丈夫であれば11皿まで1皿づつ追加しますね」と言われました。なんと不思議なレストランでしょう♪

不思議なのはここからでした!テーブルの上にはメッセージ入りの封筒が2枚。英語版と日本語版を頂きました。

封筒には・・・・・
“150分委ねてください”
~感じ、想像し、回想し、発見する150分、瞑想の150分~

“150分反抗してください”
~不快、動揺、苛立ちに反抗する150分、苦しみへ反抗する150分~

と書かれています。こうして、“Mugaritz”の不思議な世界(食事)へと引き込まれていくのでした。- 続く-
b0131786_318736.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2010-02-06 18:03 | ショートトリップ

2人最後のバスク旅行

「べべが産まれたらできなくなること~ってなんだ?!」と2人で考えたところ、「星付レストラン巡りだぁー!」という回答になりまして、今週末はスペインの西・バスク地方(片道車で5時間!)へ"2人っきり最後のグルメ旅行"へ出発したいと思います069.gif 2人だけでゆっくりお食事できるのもあと少し。2人の時間を大切にしたいと思う今日この頃です012.gif

この2年間でも結構なハイペースでいろいろなお店を食べ歩きしましたが、星付レストランの多いスペインに住んでいるからには、まだ行っておきたいお店があるんです!今回はこうちんの希望で"ムガリッツ"というレストランに行きたいと思います♪

山道を超えるといよいよ美食の街サン・セバスチャンに到着です。
b0131786_33149.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2010-02-06 15:11 | ショートトリップ

春のバスク旅行~終~

バスクからバルセロナへ帰宅します。こうちん5時間超の運転がんばれー。
羊の放牧風景を見るとバスク地方だなぁ~と感じます。とにかく、あちらこちらの山に大量の羊ちゃんがのんびりと暮しています。
b0131786_2132184.jpg

車窓から見える風景に癒されながらドライブ。2日で1200km005.gif
タカちゃんは明日日本へ帰国です。楽しい思い出いっぱいできたかな。
b0131786_21321844.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2009-04-05 21:19 | 旅行
バスクはピンチョス(串刺し小皿料理)やミシュランレストランで有名だけど、ご飯もおいしければスイーツも絶品なんですよ~。フランスのビアリッツで出会った、バスクのお菓子を紹介しちゃいます♪

b0131786_20193996.jpgお菓子の老舗店「Maison Adam(メゾン・アダム)」で出会ったスイーツ3連発です!


まずは、カラフルな“トゥーロン”

アーモンドペーストがベースで、
ピスタチオやカシス、コーヒー味など色々な組み合わせがあります。

甘すぎず、オススメはピスタチオかな。紅茶に合いそうな一品。


2品目はこちら↓




b0131786_2020320.jpgなんだかわかります??日本でもよく見られるようになったスイーツ“マカロン”です。でも、少し日本のとは違う気がしませんか?


マカロンと言えば、カラフルなメレンゲの焼き菓子の中にクリームがサンドしてあるお菓子ですよね。でも、それは現代版マカロンで、こちらは元祖マカロン。これぞマカロンの母!


ルイ14世の結婚式に贈呈されたこのマカロンは、今現在も同じレシピのままだとか!!


味はしっとりしたアーモンド風味のクッキーのような感じ。
上品な味で美味しい。003.gif

b0131786_20202490.jpg

そして、ラスト3品目は“ガトーバスク”↑
さくらんぼジャム入りの焼き菓子です。カスタード入りのアレンジしたものもあります。

b0131786_20204722.jpg
お散歩で疲れたら、ティータイム
ビアリッツいちと評判のカフェ「Miremont(ミールモン)」へ。


カフェ・オレは自分でコーヒーとミルクの量を調節して飲みます。



スペインではなかなか飲めない美味しい紅茶。紅茶の種類が豊富なところはさずがフランス。





美味しい紅茶とスイーツに満たされて・・・・・幸せなひととき010.gif

b0131786_2021466.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2009-04-05 18:15 | 旅行
バスク旅行2日目。バスク地方はスペインとフランスの国境を挟んで広がる地域。今日はせっかくなので、フランスに入国してフランス側のバスク地方の町Biarritz(ビアリッツ)に遊びに行ってきました。ここは、そこそこ波が高くてサーファーに人気のスポット。少し車で移動するだけで、スペイン語「グラシアス」からフランス語「メルシー」になってしまうので変な気分。挨拶と数字くらいはなんとか(^^;
b0131786_6332157.jpg

町の中心には小さなカジノがあって、その前の広場で音楽に合わせてみんな踊ってました。海岸を散歩したり、ビーチ沿いのカフェでお茶をしたり、みんなのんびりと休日を楽しんでいました。こじんまりとした町だけど、人も温かくて住んでみたくなる可愛い町でした。
b0131786_6335421.jpg

小さな雑貨屋、クレープ屋やお菓子屋さんが立ち並ぶ、海に近いマザグラン通り。ランチは仏の料理、ガレット(そば粉のクレープ)を食べました。美食の国、フランスは何を食べても美味しい043.gif
b0131786_6343716.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2009-04-05 12:30 | 旅行
バスク地方のグルメな街と言えば、サン・セバスチャン。サン・セバスチャンと言えば、夜のバルめぐりですね。「バルめぐり??」という方は前回の旅行の内容をチェックしてみてね→<前回>バル(飲み屋)めぐりはこちら
新鮮な海の幸と山の幸に恵まれているサン・セバスチャン。
海岸から見える、バル密集地の旧市街。
b0131786_65981.jpg

陽が落ちたらピンチョス(串に刺さった小皿料理)を求めてバルに行こう068.gif

b0131786_654336.jpg
旧市街地で人気のある店のひとつ「Goiz-Argi(ゴイサルギ)」へ行ってきました。


日本の雑誌でも紹介されるくらいの代表的なバルなので味は確かにおいしい。入口はドア1枚分の小さなお店、でも中は身動きできないくらいの人でいっぱい。

ここのお薦めは温かいピンチョス(小皿料理)。カウンターに向って大声で注文するとホカホカの料理を出してくれます♪



看板娘のおばちゃんとタカちゃん2ショット。
b0131786_66689.jpg

オラッ(こんにちは)、アディオス(さようなら)、グラシアス(ありがとう)とスペイン語の挨拶に挑戦していたタカちゃん。上手にできてるよ~!
[PR]
by dear_kajyumaro | 2009-04-04 23:55 | 旅行
タカちゃんがバルセロナに到着して4日目です。昨日までは、バルセロナ市内観光&ショッピングを2人で楽しみました。パエリヤも食べたし、お気に入りのカフェでランチもしたし、路地裏を歩いたりと現地の生活を少し体験できたかな。

さーて、今日は土曜日。今日からこうちんもセマナサンタ(聖週間)で会社が1週間お休みです♪ 今日から1泊2日でスペインのグルメな地域、バスク地方へ小旅行。去年の夏、初めてこの地に来てから、すっかりバスク地方の虜。バスクと言えばミシュランレストランが有名で、この地方だけで星の数の合計が36個!!今回も3つ星を獲得したお店の1つ「Arzak」でランチをしてきました。

b0131786_535729.jpg


一番初めに出てきた前菜→



「Arzak(アルザック)」
バスク料理界の大御所ファン=マリが開いたお店で、今は娘さんが取り仕切っているとか。
きっと食事の時に挨拶に来た方が娘さんだろうな。女性シェフかっこいい!




3つ星といっても、和気あいあいとした雰囲気で地元の人も気軽に来ているようなお店でした。スペイン王室も訪れるお店のようです。タカちゃんもこうちんもお腹いっぱいで大満足のご様子。
b0131786_458133.jpg

私はといいますと・・・・・こんなグルメ旅行の出発当日に珍しく体調が悪くて(悲)
とてもコースを食べられる状態ではなく、特注メニューでグリーンピースのスープを作ってもらいました(笑)豆をなめちゃダメよー、すごく美味しかったです!!(注)3千円の高級スープですよん(^^;
b0131786_4582616.jpg

<前回のお店>「マルティン・ベラサテギ」
[PR]
by dear_kajyumaro | 2009-04-04 12:54 | 旅行