バルセロナ生活日記       執筆者:maki-chin                編集長:ko-chin              


by dear_kajyumaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:Morocco ( 11 ) タグの人気記事

2泊3日の旅行も最終日。お昼の便でバルセロナに戻ります。暖かい気候と美味しいタジンに癒されました。3人とも風邪からも完全復活して帰宅です。0歳児の友君も楽しめたかな。

ビリヤード台で遊んだよ♪
b0131786_18472315.jpg

空港へ向かいます。
『何かいるよ~』
b0131786_18461036.jpg

『ラクダさんです』
b0131786_18463946.jpg

空港はモダンなデザインで町とのギャップに驚きます。
b0131786_18474050.jpg

モロッコ旅行~終~
[PR]
by dear_kajyumaro | 2011-01-05 21:38 | 旅行
スーク巡りに疲れたら、スーク前のフナ広場を一望できるカフェがオススメです。ここからの景色は、まるでTVで旅番組をみているかのよう。人が多くて『ウォーリーを探せ』状態ですが(笑)、いつまで見ていても飽きません。

左側
b0131786_18115624.jpg

右側
b0131786_18111337.jpg

屋台
b0131786_1812357.jpg

蛇使い
b0131786_1813612.jpg

ミントティ、生の茶葉がいっぱい詰まってます。
b0131786_18141330.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2011-01-04 19:53 | 旅行
2日目、今日はママご機嫌です。午前中、ホテルのエステでマッサージを受けてきました。日ごろの疲れが吹っ飛んだ~☆パパと友はホテルのプレイルームなどで遊んだみたい。

午後からは昨日散策したスークへお買いもの。
b0131786_0243474.jpg

迷路のようなスークを奥の方まで進むと、革製品のエリアになります。職人さんが手作りしていて、革の独特の匂いがプンプンしていました。
b0131786_0245492.jpg

特産品の革のスリッパ、バブーシューをゲット。値段は交渉次第なので、いろんなおじさんと値切り合いしました。ふぅ~。
b0131786_025775.jpg

今日のランチはスークを見下ろせるレストラン。
b0131786_0311891.jpg

マラケシュ独特の風景。屋根の上には衛星アンテナがたくさん!
b0131786_031321.jpg

モロカンサラダ
b0131786_0283829.jpg

ラム肉のタジン(プルーンがたっぷりで美味しかった)
b0131786_0285733.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2011-01-04 00:15 | 旅行
夕方からスーク(市場)へ散歩に出かけてきました。
今回の旅の目的は、
①暖かい(18度!)モロッコでのんびりして癒される
②本場のミントティー、タジンとクスクスを食べ
③スークでモロッコ雑貨を買う (モロッコスリッパ?タジン鍋?ミントティーセット?)

では、スークへ散策にでかけましょう。
b0131786_231726.jpg

スークは道はガタガタで店も4畳もない小さな所ばかりなので抱っこが1番。
b0131786_2312841.jpg

ランプ屋さん、スークの奥に進むと職人さんが手作りしています。
b0131786_232958.jpg

ミントティー用のポット&グラス屋さん
b0131786_2324434.jpg

ホテルの屋上プールサイドからの眺め。
左に見える塔がkoutoubia(クトゥビア)、高さ77m世界最大級のモスク。
b0131786_238121.jpg

夕食に食べたモロカンサラダ。
b0131786_2383325.jpg

夜はわんぱくな0歳児と思いっきりホテルで遊びます♪
TVをつけたらドラゴンボールが放送されててびっくり!しかもかなり初期。
b0131786_2341639.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2011-01-03 21:20 | 旅行
長~い冬休み、前半は3人して風邪で寝込んでしまったので後半は遊びます!年明け早々2泊3日で“今まで行った国でもう1度行っておきたい場所”へ行くことにしました。もう日本からでは行かないであろう土地。

格安航空会社vuelingで・・・
b0131786_84043100.jpg

新年、一発目は私のリクエストでこちらです↓
b0131786_841852.jpg

山に囲まれた、ピンク色の建物が並ぶ町。
バルセロナから2時間で行けるイスラムの世界、モロッコのマラケシュです。

マラケシュのみなら乳児連れでも問題なし。空港バス15分ほどで、旧市街地メディナのフナ広場に到着します。ここから徒歩5分のホテル『Les Jardins de la Koutoubia』へ。ここは前回も来た、お気に入りのホテルです。子連れなら五つ星ホテル(衛生面からも4つ星以上)をオススメします。

大邸宅を改装したホテル。一歩足を踏み入れると、外とは別世界。
b0131786_8423777.jpg

緑豊かな中庭があり、周りを囲む回廊もシックでイスラムの雰囲気があって素敵です。
b0131786_8431293.jpg

ホテル内にはバー、レストラン、スパ、プールなど何でもあります。宿泊客のほとんどがフランス人で、モロッコはフランス人に人気があります。公用語はアラビア語ですが、フランス語はどこでもほぼ通じます。さーて、散歩に出かける前に腹ごしらえしないと、ランチを頂きましょう♪
b0131786_846444.jpg

モロッコと言えばタジン。口の中ですぐに崩れるほど煮込まれています。こちらは牛肉のタジンですが、私の一押しはラム肉です。
b0131786_8462174.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2011-01-03 08:22 | 旅行
砂漠といっても冬のテント泊は寒かったぁ~!氷点下かなぁ、ほとんど野宿と同じだから・・。
日の出前に起きて、日の出を眺めるためにラクダちゃんと丘を上ります。
b0131786_10411116.jpg

b0131786_1037344.jpg
少しでも日が出てくると、解凍されるぅ~って感じ。
太陽って素晴らしいと改めて実感します。058.gif












b0131786_513741.jpg

ラクダちゃんはよくみると穏やかでとても可愛らしい顔☆誰かに似ているような気もします(笑)こっち~ってカメラを向けると顔を向けてくれました。かわいい~。
b0131786_105021100.jpg

お友達と会話中、「君もよく働くね~」^^;
b0131786_10524488.jpg

風紋です。きれいでしょ。自然の力ってすごいです。
b0131786_10535923.jpg

今日は2日かけてやってきた道をマラケシュまで1日で帰るという行程。ところが、車が壊れてしまいました。エンジンがかからない。。自力で直そうとしたけどどうやらダメな様子。近くから修理屋さんを呼ぶといっても砂漠なのでしばらく待ちぼうけです。
b0131786_1141083.jpg

おかげで3-4時間、の~んびりとした時間を過ごすことができました☆
ミントティー飲みながらおしゃべりしたり、日光浴したり、ボードやったり・・^^;
b0131786_11385251.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2008-12-22 23:34 | 旅行
早朝7時出発(今日も早い・・)、カスバ街道をひたすら砂漠に向かいます。
アトラス山脈を越えて砂漠になる手前のこのエリアは、広大な乾燥した大地です。そこに流れる川沿いにオアシスが点在しています。
b0131786_96586.jpg

アトラスからの雪解けの水を大切に使った畑作り、日干しレンガで造られた家々の村を見学です。
b0131786_9194599.jpg

b0131786_9282468.jpg

b0131786_9225298.jpg
最後は絨毯屋さんにも立ち寄るコースでした。
ミントティーを入れてくれます。
伝統的には、おもてなしでは3杯飲むのが礼儀だそうです。愛と感謝と・・という意味合いがあります。
そうそう、男性が女性の家で入れてもらった時は、砂糖が入らず甘くないと、「愛」がないという意味で、甘いと「愛」があるというサインだそうです。ベルベル語でありがとうは「サハ」といいます。





途中、トドラ渓谷に立ち寄ってランチをした後、一路メルズーガに向かいます。
もう、お隣アルジェリアとの国境に近いところです。
b0131786_9345253.jpg

日の入り前に到着して、ラクダちゃんとご対面。
ここから1.5時間、砂漠の中をベルベル人のテントまでラクダに乗って歩きます。さらさらで気持ちよさそうな砂の丘・・静けさのなかの風の音・・雪山にいるような感じでした。
ラクダちゃんは時折、ギュルギュル~って消化の音をたてるので、乗っているひとが「Sorry!」と言ったり、流れ星を見つけては「ShootingStar!」と叫んだり。
夜がふけると満点の星空でした072.gif
ベルベル人と太鼓たたきながら、キャンプファイヤー。日本人からは「燃えろ~よ~、燃えろ~。・・・」「き~み~が~あよぉ~は・・」(砂漠にあわない・・)と歌ったり。
b0131786_11212263.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2008-12-21 21:57 | 旅行
今日からマラケシュから2泊3日でメルズーガまで行くサハラ砂漠ツアーに出発です!昨日、マラケシュに着いてから予約したSahara expéditionの現地ツアー(950DHS=約1万円)に参加しました。2泊3日朝夜食つきでこの値段、安いでしょ。朝7時に旅行代理店前に集合して出発!ツアーメイトはオーストラリア人(ロンドンから)、イギリス人、カナダ人(パリから)、メキシコ人(マドリードとメキシコから)、日本人(ロンドンから)、パキスタン人(ロンドンから)、と私達あわせて多国籍11人。

b0131786_1515733.jpg
バスはアトラス山脈(4000m級)を越えてサハラ砂漠に向かいます。
これがすごい山道。
絶景なんだけど、くねくねで決して広くはない道をすごいスピードで行き交うからハラハラ。。008.gif
この時期、山々には雪が積もっていて、荒れた大地と青い空とのコントラストがすごく綺麗です。







途中、アイト・ベン・ハッドゥという村に立ち寄りました。日干しレンガで作られた要塞のような感じ。川を渡ろうとすると、子供たちが寄ってきて、手を差し伸べて手助けしてくれます。半ば強制的に、ですがチップをちょうだいと言うのでボールペンをあげました。
b0131786_233194.jpg

村はかなり傷んでいて、今ではベルベル人の5-6家族だけが住み残っているそう。迷路のような路地にお土産やさんがいくつかあります。
b0131786_2174929.jpg

日光浴中のねこちゃん。
b0131786_2181454.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2008-12-20 23:53 | 旅行
今までヨーロッパやアジアなど旅したけど、モロッコは本当にすべてが新鮮!イスラムの世界は本当に始めてのことだらけで、キョロキョロしながら歩いていました。モロッコの代表的な飲み物&食事を紹介します♪

珈琲党のスペイン人とは違い、モロッコ人はミントティー派です。グラスにミントの葉をどっさり入れ、砂糖を加え甘くしたミントティーがこの国の定番。
b0131786_2211275.jpg

絶品なのがこちらのモロッカンサラダ。トマト、キュウリ、にんじん、レンズ豆、なす、ジャガイモ、いんげん等々、小さく刻んだ野菜を混ぜ合わせたものです。1つ1つ味付けが少しづつ違っていて、いろいろなスパイスや香草を使って味付けられています。野菜は火が通っているし、安心して食べられる1品です☆
b0131786_22123374.jpg

モロッコ人が毎日のように食べる、そして私たちも毎日食べた、タジンとクスクスです。手前がタジンで野菜とお肉をスパイスで煮込んだ料理。どちらかというと蒸したような感じかな。野菜の甘みがすごーく出ていて日本人が気に入る料理です!
クスクスは食べたことがある人もいるかな。北アフリカを代表する料理で、小麦の粒状にしたもの(パスタ?)を野菜や肉と蒸した料理です。
b0131786_22132935.jpg

私のおススメは、ラム肉のタジンと野菜のクスクスかな。ラム肉は柔らかくてシチューのような感じ。野菜はとろとろになるまで煮込まれていて、とにかく美味しいの!!
[PR]
by dear_kajyumaro | 2008-12-20 20:00 | 旅行
バルセロナをメインに発着している格安航空会社ClickAirで、マラケシュに直行!約2時間で着いちゃいました。ここはアフリカ058.gif

空港から市内バスでたどり着いた先はジャマ・エル・フナ市場(世界遺産)。
b0131786_2424486.jpg

あちらこちらで人だまりができていてなんだろうと思ったら、アクロバットな芸をするグループや簡単な賭けゲーム、UFOキャッチャーみたいなのをやる人々。
うん??サル使いや蛇使いまでいるではないですか!
ついにいました、コブラァ!!ほんとに笛の音に合わせてピンっと立つのね005.gif
夕方になるにつれ、屋台が出てきてさらに活気がでます。
b0131786_2421532.jpg

b0131786_22175617.jpg
モロッコに到着して初の食事は・・・・こちら!
エスカルゴ!!というか、その辺にいそうな、かたつむり君のスープに挑戦!

スパイス味のなんとも言えない珍味でした。1杯5DH(約55円)。
[PR]
by dear_kajyumaro | 2008-12-19 12:21 | 旅行