バルセロナ生活日記       執筆者:maki-chin                編集長:ko-chin              


by dear_kajyumaro
カレンダー

<   2009年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧

いよいよ南仏旅行最後の場所です。ラストは世界遺産にも認定されている、水道橋ポン・デュ・ガール(Pont du gard)です。この橋は、フランス南部ガール県のガルドン川に架かる水道橋で、古代ローマ時代に建設されたもの。
b0131786_23552282.jpg

写真でも分かる通り、石造りのアーチが三層構造になっているのが特徴です☆
高さ49メートル、長さは275メートル。両側から橋を歩いて渡ることもできますが、遠足の子供達がたくさんいたので今回は川沿いから見学。あ、川で泳いでいる人もいました。

実はこの橋、年間数mmずつ傾いているらしい(^^;



南仏の旅はいかがでした~?
私達は大自然を満喫でき、リフレッシュすることができました。

では、4時間弱かけてバルセロナに帰宅したいと思います。
こうちん運転ファイトー。
[PR]
by dear_kajyumaro | 2009-06-26 23:31 | 旅行
南仏旅行ももうすぐ終了です。残すところ2箇所なんですが、今日はまず初めにプロバンス地方最北に位置する町、オランジュ(Orange)にやってきました。ここも小さな町なんですが、古代劇場(Theatre Antique)遺跡があることで有名です☆

ここは、世界でもっとも保存状態のいいローマ遺跡と言われています。紀元前1世紀末に建造されたもので、舞台後の石壁はなんと2000年前のもの!!外側の壁は修復工事されていました。

<古代劇場の正面ステージ >
b0131786_2326610.jpg

毎年夏に音楽フェスティバルが開催されるそうです。2000年前と同じく、現代においても野外コンサート劇場として使用されているなんてすごい!2人して歌ってみましたが・・・・・石に反響してすごく声が響きます♪♪

<右上の客席から見る舞台>
b0131786_23273041.jpg

<古代劇場の客席から見下ろせる市内>
b0131786_2327712.jpg

<オランジェの街中>
素朴で観光客の少ない静かな場所です。
b0131786_23264599.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2009-06-26 16:06 | 建築/美術
またまた小さな町にやってきました。昨夜泊ったのは、LOURMARIN(ルールマラン)という人口900人の小さな町。小さくてホテルも私達の泊ったところくらいしか目にしなかったけど、とても可愛らしい街です。フランス人にも人気があるみたいで観光客もたくさんいました。この南仏の旅、農村巡りをしているせいか日本人には1人も会わず(^^;

泊ったホテルは街の中心、本当に真ん中にあるLE MOULIN DE LOURMARINというところ。石造りの建物で内装はピンクのタイルなど使われていて南仏らしい可愛いホテルです。ここもオーベルジュがあります。ここのオーベルジュ(宿付レストラン)は、リヨンのポール・ボキューズ(フランスでも最高級のミシュラン3つ星レストラン)で修行を積んだ人がホテルオーナー兼シェフをしているんですよ。昨日のランチ、オーベルジュ体験をしたので、ここは“次回のお楽しみ”ということで朝食のみ利用しました。朝食の手作りパンはすごーく美味しかったので、ランチやディナーは間違いなく美味しそう。

朝はマルシェ(市場)が開かれていました。
お花も可愛くて7種類も衝動買いしちゃった。来週お家でガーデニングしよ♪
b0131786_5252219.jpg

オリーブも味見したら美味しくて~。
b0131786_5255521.jpg

野菜も新鮮そうで、ついつい主婦。トマト、にんじん、インゲン・・・・週末食べよう。
b0131786_5261915.jpg

まだまだ、パンやチーズもあるよー。マルシェ楽しい☆
b0131786_5263773.jpg

食べ物だけじゃありません。雑貨屋さんも南仏はかわいいんですよ。
b0131786_5265649.jpg

ワイナリーもあって、試飲しながら3本買っちゃいました。今日の夜はバルセロナに戻って友達のお家でパーティです☆
b0131786_5271935.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2009-06-26 11:11 | 旅行

南仏~お庭散策~

テラス席で自然の景色を見ながらの絶品ランチで心もお腹も満たされました。お庭があるというので、見せてもらうことに。食後のお散歩♪

b0131786_4322581.jpg

料理で使われる新鮮な野菜はここのガーデンで育ってるんですね。

ハーブなどたくさんありました。


このガーデンを抜けると牧場があります。馬やロバも大自然に囲まれ気持ちよさそう。







お腹一杯のこうちんは、ハンモックでお昼寝中 (ー_ー)zzz
b0131786_4314843.jpg

私は木につり下げられたブランコ中。久しぶりにブランコ乗った(^^;
b0131786_4311643.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2009-06-25 19:23 | 旅行
ラベンダー畑を抜け、ナビが無いと絶対行けないような山道をクネクネ走ると、小さな村が見えてきました。この山岳地帯の小さな村は、ムスティエ・サント・マリーという村で人口630人。今日はムステェ村にある「ラ・バスティード・ドゥ・ムスティエ」(La Bastide de Moustiers)という“オーベルジュ”でランチをしたいと思います♪

*オーベルジュとは
郊外や地方にある、おいしい料理をゆっくり堪能できる宿泊施設付きのレストラン。

b0131786_348927.jpg

今日のレストランはこうちんセレクトです。ただの農村レストランではありません。天才シェフ、アラン・デュカス氏がもつオーベルジュのひとつなんです!

*アラン・デュカス氏
史上最年少で3つ星を獲得したモナコ人のシェフ。日本を含め、世界各地でレストランを経営。ミシュランから異なる国で3つ星をつけられた、史上初のシェフ。


山道から1本細い道に入ると、大きな門が見えてきます。この大きな門を車でくぐり抜けるとると駐車場があり、目の前にはヘリポート?!えーセレブはお空から来るの??  ラベンダーも咲いていて、駐車場からレストランまでの道はいい香り~☆

b0131786_3454724.jpg

←レストラン入口はこちら。

オーベルジュらしい、自然いっぱいの癒し系レストラン。


自家農園で取れたばかりの野菜やハーブを使った料理が楽しめるこようなので楽しみです!(^^)!



コース料理は2種類。せっかくなのでフルコース♪
2人が美味しくて感動した2品を紹介します。
<前菜の冷製スープ>
取れたての自家製野菜を使った冷たいコンソメスープです。
暑い夏にはぴったり。野菜が甘くて美味しかった。
b0131786_425774.jpg


<メインはハトのお肉>
南仏プロバンスで有名なハトの料理です。ハトは初体験だったけど、普通の鶏肉よりあっさりしていて美味しかったです。骨付きなので手で食べ、フィンガーボールが出てきます。
b0131786_412499.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2009-06-25 17:12 | 旅行

南仏~ラベンダー畑~

南仏旅行2日目です。昨日はこうちんリクエストの野生フラミンゴを見たので、今日は私リクエストのラベンダー畑へ。ここ南仏では、6月下旬~7月がラベンダーの見ごろなんですよ。

アルルを出発し、今日はある村のレストランでランチをする予定です。その途中でラベンダー畑を見たいと思います。まだかな~と思っていると、いきなり景色が一面黄金色。黄金色の正体は小麦畑でした。2人とも初めて見た風景だったのでテンションUP↑↑
b0131786_2463694.jpg


北海道に来たみたいでのどかな景色が続きます。山、草花、どこまでも続く道。
すると突然、紫色の花が見えてきました!
b0131786_2493614.jpg

念願のラベンダー畑です。今年はもうすでに満開☆
まるで紫の絨毯のようで美しすぎる風景。車を降りるとラベンダーのいい香り。ミツバチもその香りにつられてたくさんいました。
b0131786_2495837.jpg

お土産にラベンダーのポプリを購入しました。良い香り~016.gif
b0131786_2501816.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2009-06-25 10:32 | 旅行
今日の宿泊地アルルへ。ここは、多くの遺跡が残る、画家ゴッホのゆかりの地。ゴッホはアルルに住み、たくくさんの有名な作品を残しました。
アルルでまず見てほしいのはこちらの 『ヴァン・ゴッホ橋』 ↓
町の中心からバスか車で5分ほど走った所にある橋です。
b0131786_0232922.jpg

手前に置いてあるのが、ゴッホが描いた作品。この橋は、一度取り壊され、現在は1960年に復元されたのが残っています。アルルでゴッホが一番気に入っている風景だとか!この橋の周りは本当に何もなく、運河沿いには昔使われていたと思われる電車のレールがありました。錆びた廃線やひっそりと残っている跳ね橋はゴッホがいた時代にタイムスリップさせてくれます。

次は、跳ね橋をご存知ない方もこちらは知ってるんじゃないかな?!
ゴッホの描いた有名作品『夜のカフェテラス』。私は教科書で見たこの絵の印象がすごく強く残っていて、夢でも何度か出てきた光景なんです。そんな場面を今日見れるかと思うとドキドキ。

町の中心街のカフェの集まる広場にその絵のモデルのカフェテラスがありました。あれ?なんか印象が違う。手前にある絵がゴッホの作品です。
<お昼のカフェテラス>
b0131786_03666.jpg


気を取りなおし、夕食を食べてから再度見に行くと・・・・・・・まさにイメージ通り!!
<夜のカフェテラス>
b0131786_0362980.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2009-06-24 22:08 | 建築/美術

南仏~カマルグ湿原~

カマルグ湿原は非常に広いので、観光には車、馬またはレンタサイクルでまわるのが主流みたい。私達は初心者だけど白馬をチョイス。ヘルメットはしないし、説明も「初心者ね、手綱は行きたい方向に引き、馬が言うこと聞かなかったら足で蹴ってね~☆」以上!!ガイドさんの馬とつながれているかと思いきや、自己責任のフリーライドで2人とも笑うしかありません(苦笑)

乗馬でカマレグ湿原を散策しましょう♪
b0131786_214032.jpg

乗馬だと車や徒歩では入れない湿地へ行くことができ、フラミンゴを間近で見れるのでオススメです。
b0131786_215842.jpg

30分ほどすると、念願の野生フラミンゴ発見!
<豆知識>フラミンゴってなんでピンク色か知ってますか??
<答え>フラミンゴの餌は水中のプランクトン。それにはカロチンが多く含まれていてピンクに色づくんだって。色がピンクなほど、カロチンの豊富な餌を食べているそうです。なるほど~034.gif
b0131786_215304.jpg

ここは野生のフラミンゴの生息地として有名ですが、塩田でも有名な地域。水がカラカラに干上がって、塩で一面真っ白になっていました。豊かな自然を満喫しながらの乗馬は最高に幸せな時間でした。
b0131786_2155773.jpg

ガイドさんに「もっと馬を強く蹴ってー、あなた優しすぎるのよ(笑)」と言われていたこうちん。ガイドさん曰く、馬の乗り方一つ性格がでるそうです。そして馬も利口なので乗る人によって態度が変わるの。
b0131786_2161714.jpg

1時間のはずが、1時間半の湿原ツアーとなりました。
馬はかわいいし、乗馬おもしろくてはまりそう(^^)b
[PR]
by dear_kajyumaro | 2009-06-24 17:59 | 旅行

南仏~白馬の王子様?!~

カマルグに到着すると、まず目に入るのがフラミンゴの看板。湿地帯なので、道路の両側は緑が豊かで気持ちのいいドライブコース。そろそろフラミンゴでも見えるのかな~と思っていると、車から見えるのは 『馬・馬・馬』。しかも、女の子が1度は夢にみるイメージ通りの『白馬』。王子様は乗ってないけど~(笑)

b0131786_9554087.jpg
青い空に、白い馬が映える。

カマルグ産の白い馬。
ここカマルグに来ると、どこまでも続く湿原を白馬で走り回れるんですよ。


フランス語の看板がまったく読めない為、車を降りて馬に乗れるか交渉開始。とにかく、馬だらけでどこで乗れるのかわからない状態。全然、商売っ気のない町です。それがまた素朴でいい。




大事に育てられてそうな馬達の小屋を発見!乗馬ってお高いイメージがあったけど、1時間18ユーロ。これなら、趣味で乗馬ができそう。スペインにもこんな場所ないかなぁ。


初挑戦のこうちん。私も2度目なのでさほど差もなく。
白馬の王子様体験。タキシード着てないから?
・・・・・・なんかイメージと違う(^^;
b0131786_955135.jpg


それでは、カマレグ湿原ツアーへ行ってきます。フラミンゴに会えるかな♪
b0131786_958990.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2009-06-24 14:37 | 旅行
今日から週末合わせて5連休です☆
たまには家でじっとしてればいいんだけど、今回もこうちん企画で2泊3日南仏農村巡りをしに行くことになりました。プロヴァンスの小さな村を訪ね、ラベンダー満開の畑、自然の動物と触れ合い、美味しい山の幸を食べようという旅です♪

それでは、レッツゴー!
スペイン国境を超え、フランスに入るとのどかな風景が続きます。
b0131786_9231458.jpg

日差しが痛いくらいの晴天058.gif 晴れ女力発揮!空もきれー☆
b0131786_9233615.jpg

今日1つ目の町は南仏ローヌ河下流にある、“Camargue(カマルグ)”という場所です。カマルグの海沿いの小さな町“ Stes Maries de la Mer”の入口にはフラミンゴの看板が!
b0131786_924657.jpg

なんと、ここカマルグは唯一ヨーロッパで野生のフラミンゴが生息する貴重な湿地帯。・・・・・・ということは、もちろん今回のお目当ては野生のフラミンゴちゃんです017.gif
[PR]
by dear_kajyumaro | 2009-06-24 08:50 | ショートトリップ