バルセロナ生活日記       執筆者:maki-chin                編集長:ko-chin              


by dear_kajyumaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

南仏~天才シェフの農村レストラン~

ラベンダー畑を抜け、ナビが無いと絶対行けないような山道をクネクネ走ると、小さな村が見えてきました。この山岳地帯の小さな村は、ムスティエ・サント・マリーという村で人口630人。今日はムステェ村にある「ラ・バスティード・ドゥ・ムスティエ」(La Bastide de Moustiers)という“オーベルジュ”でランチをしたいと思います♪

*オーベルジュとは
郊外や地方にある、おいしい料理をゆっくり堪能できる宿泊施設付きのレストラン。

b0131786_348927.jpg

今日のレストランはこうちんセレクトです。ただの農村レストランではありません。天才シェフ、アラン・デュカス氏がもつオーベルジュのひとつなんです!

*アラン・デュカス氏
史上最年少で3つ星を獲得したモナコ人のシェフ。日本を含め、世界各地でレストランを経営。ミシュランから異なる国で3つ星をつけられた、史上初のシェフ。


山道から1本細い道に入ると、大きな門が見えてきます。この大きな門を車でくぐり抜けるとると駐車場があり、目の前にはヘリポート?!えーセレブはお空から来るの??  ラベンダーも咲いていて、駐車場からレストランまでの道はいい香り~☆

b0131786_3454724.jpg

←レストラン入口はこちら。

オーベルジュらしい、自然いっぱいの癒し系レストラン。


自家農園で取れたばかりの野菜やハーブを使った料理が楽しめるこようなので楽しみです!(^^)!



コース料理は2種類。せっかくなのでフルコース♪
2人が美味しくて感動した2品を紹介します。
<前菜の冷製スープ>
取れたての自家製野菜を使った冷たいコンソメスープです。
暑い夏にはぴったり。野菜が甘くて美味しかった。
b0131786_425774.jpg


<メインはハトのお肉>
南仏プロバンスで有名なハトの料理です。ハトは初体験だったけど、普通の鶏肉よりあっさりしていて美味しかったです。骨付きなので手で食べ、フィンガーボールが出てきます。
b0131786_412499.jpg

[PR]
by dear_kajyumaro | 2009-06-25 17:12 | 旅行